年間カリキュラム

実践教育を主体として、知識・技術・センスを磨く

img_curriculum_01

美容学校で学ぶ教科は厚生労働大臣によって全国統一されています。
しかし近年美容業界ではより高い技術や深い知識を持った『即戦力』となり得る人材を求める傾向を強めています。

また、人々の美意識も留まることなく進化し続け、自分自身の個性や美しさについても、より高い期待やはっきりとした主張を持つ人が増えてきています。

こうした時代環境の中、免許取得のための基本技術や基礎知識の修得だけでは、真のビューティークリエイターになることはできません。

本校では生徒一人ひとりが密度の高い学校生活を送ることができるよう、充実した設備や豊富な教材を揃え、優れた教師陣のもと、 実践教育を主体に徹底的に技術やセンスを磨き、『即戦力』となり得るまでに成長することを可能にするカリキュラムを設定しています。

Compulsory subject

img_sub_curriculum_01
study subject

必修科目 学科

美容師になるための基礎知識から、マーケティング理論まで幅広いスタイルを目指して

関係法規・制度 美容師法の内容や衛生行政、特に保健所との関連やその他の関係法規について学びます。
物理・化学 美容で使用される器具、機械、香粧品の種頬、及び使用上の注意について学びます。
美容文化論 美容のデザイン、ファッションの移り変わりや意義について学びます。
美容保健 美容に関係の深い基礎的な人体の構造や機能、特に皮膚や毛髪について学びます。
衛生管理 美容の公衆衛生や環境衛生と業務に関する予防対策や消毒に関する知識を学びます。
技術理論 美容の基礎知識や技術、特殊技術、器具等の操作方法や使用上の注意について学びます。
運営管理 美容のマーケテイング理論や経営管理・労働管理、接客法について学びます。

Training

img_sub_curriculum_02
training

必修選択科目 実習

資格だけでなく、人間性の豊かさ、視野の広さ、理容師として大切なことを実践的に知る。
美容師の資格をめざすだけでなく、人間性の豊かさや視野の広さを身につけることも私達は大切に考えています。

選択必修科目では、「専門教養科目」「一般教養科目」と大きな2つの分類の中で、さまざまなカリキュラムを用意しています。