学校法人 神奈川理容美容学園 厚生労働大臣指定・専修学校 横浜理容美容専門学校

SCHOOL理事長・学校長挨拶

これから入学をされる学生の皆さんに向けて、本校の理事長と校長からのメッセージです。

理事長あいさつ

成功へのスキルを身につける2年間

本校は50年以上の歴史を数えます。
その中で時代に合わせながら創り上げた独自のカリキュラムと設備、それを生かす講師陣。
講師陣は、美容の現場で実際に働いている旬な人達にきてもらっています。
実際に今、現場の風を知っている講師が教育する事で、“今”の風がそのまま学校に吹いてきています。

美容師としての必要な国家資格はもちろん、現場に出たときに活かせる技術を学ぶことも大切にしています。
社会人になってからサロンワークを初めて学ぶことの大変さに、夢をあきらめて美容の道を辞めていく多くの人達を見てきました。
横浜理容美容専門学校では「美容業界に出たときに活かせる技術」を学ぶこと、また「資格だけではない」生き抜く力を育てることを大切にしています。
技術面では、シャンプーを在学中に入客できるレベルまで高めること。
また、ブロー、カラーリングといったシャンプーの次のステップまで力を入れています。
技術以外にも接客マナー、お客様やスタッフ、先輩後輩とのコミュニケーションの取り方など美容師として、社会人として生き抜く力を育てています。

2年間を通じて、成功へのスキルを身につけて社会人として大きく羽ばたいて欲しい。
それが、わたしたち横浜理容美容専門学校の想いです。

横浜理容美容専門学校 理事長渡来 秀隆

校長あいさつ

魅力的な人材へ

美容の職業は人の容姿を美しくし、更に内面的な部分も変える力を持っています。
施術を受ける方の好みや生活までも考え、技術を行う事で近い将来、多くのお客様に支持されるようになるでしょう。
相手の気持も考えられる能力も必要とされます。

本校では実践的な授業を行う事により、技術のみならず、社会人としての人間性を磨き、常識やマナー、心も育てる教育を行っています。
教員が現場での経験を生かし専門的な学習、美容関係のさまざまな職務に対応できる能力を高めています。

学校生活の中で人間的な魅力を身に付け。美容業界で活躍する生徒を育てていきたいと考えております。

横浜理容美容専門学校 校長田邊 将義

CONTACT

入試関連のお問い合わせや資料請求を受け付けております。お気軽にご相談ください。